空間アナリティクス


Abstract

“空間アナリティクス”は、3Dデータを3Dプリンタなどの情報機器を利用しないで立体化し、3Dデータの「かたち」でなく「データ」を見るための手法である。
この手法は、現代に広がる実態のないデータ(数値)について、私自身がより理解をしたいという思いから、立体彫刻作品の制作において実践した。
本来、データ(数値)は目に見えないものだが、私たちはディスプレイなどの支持体を用いて、見ず知らずのうちにデジタルデータを見ている。
しかしそれ自体にデジタルデータとしての認識はなく、データの集合によって見える「かたち」を見ていることだろう。
その「かたち」はデータを表示する支持体が、高精度になればなるほどなめらかになり、データとして認識することは難しくなる。
さらに、私たちが生活で関わっているデータの中で、「かたち」として見ることができるデータは一部で、ほとんどのデータは見えないまま、私たちに影響を与えているのだろう。
AIなどの情報技術やインターネットが世の中に浸透したことによって、見ず知らずのうちに情報・データに関わり、日常生活の中でどういったデータ・情報が動いていて、なにが要因となって目の前のできごとが起こっているのか、わからなくなっていると感じている。
そのデータは、高性能な機器によってこれからも広がりを続けるだろうが、人間が受容できる情報量に限界があることは明らかである。
「空間アナリティクス」は、機器が取得するデータと人が受容できるデータの差を形から見出し、データの認知が難しい現代において本作品は人が受容できる少ないデータの可視化と認識できない膨大なデータの存在を理解することで機能する。
彫刻作品のいびつな形から見える情報量の少なさから、人はどういったデータや情報を認知し理解・管理すべきなのかを問い直し、物理的な肉体を持った人にとって重要なデータ・情報とは何かを再考する。
空間アナリティクスの実践として、「デジタルヒューマン」「手」の立体彫刻作品を制作した。