3Dアナリティクス

fig.1 作品写真


Abstract

本作品では、3Dプリンタを利用せずに人の手で3Dデータを出力し、その際のデータ変換や情報量の操作によって生まれる歪みを物質化することで、。
3Dデータを物質化する際、膨大なデータを一度に読み込むことができる3Dプリンタ

現代では情報処理能力の高い各種ハードウェアによって、高精細なデジタルデータ表示が可能となりました。私は都市にある支持体を見ると、集合した光を見ていることを忘れそうになります。多くの情報を扱うことができるようになったという点で言えば、目に見えないデジタルデータにおいても同様のことが言えるでしょう。
本作は現代に溢れるデジタルデータの物質的な問いかけであり、デジタルデーをアナログモデリングした際に起こる歪みです。デジタルデータを物理的に変換する際の“1”を提示します。