physically based rendaring

 

‘2018年9月22日’

このあいだ使ったphysically based renderingと、material shader builderの関係について全くわかっていないけど、一つだけわかることがあるので少しメモ

shopネットワーク上でshaderの設定を行うときに、pbrdiffuseなどなどpbrが頭につくコンポーネントを使うことができるらいい

これはおそらくレンダリング手法のフォーマットに適したshaderの情報を与える必要がある

Micropolygon Rendering、Ray Tracing、Micropolygon Physically Based Rendering、Physically Based Rendering、Photon Map Generationの5つ。

以下良さそうな記事があったのでこちらに引用





これはレンダリングソフトのMantraの選択画面です。
この選択画面では、上にいろいろな多くの設定項目があり、この中にphysicall based renderingの設定項目がある。
ドロップダウンのところ。
ここでレンダリングフォーマットを設定した後に、shaderの設定に移動。