Movie × Electric spectaculars

 

‘2017年5月8日’

LED512個の制御を終えた段階で、映像とLEDの挙動が連動することを利用して、空間と映像の連動が可能になる。

つまり映像も空間構成のコンテンツの一つとなる。