20 point generation

 

‘2017年5月21日’

# -*- coding: utf-8 -*-
import rhinoscriptsyntax as rs
import math as ma

rs.AddPoint(0,0,0)

#for文、forステートメント、forループ
for x in rs.frange (0,20,1):
#リストのひとつづつに順番にアクセスする
#for <target> in <object>: 
    rs.AddPoint(x,0,0)



これでx軸方向に20個のpointが生成されるはずです。
forステートメントに関して少し追記
targetにxを持ち,オブジェクトの数値が一つずつtargetの値に代入され、その後の処理が全て終わるまで行われます(ループします)。
つまり0~20までの数がxに代入されます。
また今回のobjectはfrange()という関数が利用されています。
この関数は0~20までの数で、+1の間隔で足された全ての数のことです。つまり0,1,2,3,4,5…15,16,17,18,19,20までの全ての数になります。
つまり1の数を0,1とすると1.1,1.2,1.3…19.8,19.9,20.0となります。