Sketch 2

 

‘2017年5月8日’

IAMASではイベントのたびNxPC.Labによる音楽イベントが行われる。

音楽イベントは主にソフトピアジャパンセンタービルの地下駐車場で行われ、ある種のコンバージョンなる利用方法である。

そのための映像を流させていただいて、その時の素材で利用した。

これはrhinocerosで制作した3Dモデルをグルグル回しただけ。

コツは回転軸のx,y,zの交差点を、3dsデータの中心と少しずらすことで、次々に線が描画されていくかのようなアニメーションが生まれて、それっぽくなる

ただprocesingでは3Dモデルを利用するためにprocessing2を利用しなくてはならないために、圧倒的な時代遅れ感がハンパないです。

なのでこの点ヴィジュアルプログラミングはやっぱりoFかなと、、

oF少しずつやっていこうと思います、このページのSketchでもoFによるスケッチを上げていきます。

ちっちゃなこと少しづつでもいいと思うので。